便秘でも病院に行ったほうがいい場合

子供の便秘で病院に診てもらうことはできるの?と、疑問をもつ方は少なくないようです。

 

診察を受ける幼児

子供の便秘で悩まれる方はとても多く、ほとんどの小児科では子供の便秘に対応する体制を整えているようです。

 

また最近では小児科に便秘外来を設置する病院も徐々に増えてきていますので、心配せずに受診しましょう。

 

特に幼児に便秘以外にも血便が出る、機嫌が悪い、食欲が無い、嘔吐するといった様々な症状があわせて観察される場合は、病気が原因があったり、肛門裂肛、かなり程度の重い便秘などが考えられますから、病院で診てもらう必要があります。

 

小児科では、まず検査が行われ、原因となっている病気がないかについて調べてもらえます。

 

単なる便秘であっても、硬くなって出にくくなっているウンチを浣腸や摘便で取り除いたり、肛門が切れている場合は痛みをやわらげる処置を施してもらえると思います。

 

さらに便秘を改善するための生活上のアドバイスなどももらえることでしょう。

 

ですから、初めての便秘でどうしてよいかわからない場合などは、迷わずに小児科を受診してください。

 

しかし、注意すべき点は病院に行くことで便秘は解消されますが、治ったわけではないということです。

 

病気などの原因が無い便秘は、腸内環境が整っていないために生じていることがほとんどです。

 

病院ではたまった便を出すことができても、腸内環境を整えるのは家での食事や生活習慣が中心となります。

 

その部分を改善しなければ、病院に何度通ったとしても便秘が治るわけではありません。

 

成功報告が続々!今話題の幼児便秘の解消法はこちら