食事による幼児便秘解消法

幼児期の便秘は食事とも大きな関係があります。

 

肉類の多い食事はどうしても食物繊維不足になり、うんちのもとになるものが足りないために、何日も出なかったり、出ても量が少なかったりするのです。

 

食事する幼児

毎日出ないとしても子供の機嫌がよくて、うんちを出すときも苦しくないようであれば大丈夫な範囲ですが、それでも腸の機能の面から言えば働きが衰えて、段々と便秘しやすい体質へと変化していくことになります。

 

それで解消法として食物繊維を多く含む食事を摂取して、なるべく毎日スッキリできたら理想的です。

 

食物繊維には、不溶性食物繊維といって水に溶けにくい食物繊維と水溶性食物繊維という水に溶けやすい食物繊維があります。

 

この2つのバランスも重要で、不溶性食物繊維ばかりだと水分不足で便が詰まりやすくなるようです。

 

理想のバランスでは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が2:1となっています。

 

不溶性食物繊維を多く含む食材としては、豆類、穀類、イモ類、きのこ類、根菜類などがあげられます。一方、水溶性食物繊維の多い食材では、こんにゃくや海藻類、果物類などがあります。

 

またお腹の調子を整える食材も合わせて摂ると一層効果的です。

 

乳酸菌を多く含む発酵食品であるヨーグルト、チーズ、納豆、キムチ、漬物などがそれにあたります。

 

成功報告が続々!今話題の幼児便秘の解消法はこちら