便秘になりやすい体質は腸内環境から

幼児の便秘の原因に目を向けることは、便秘を繰り返さないためにとても大切です。

 

幼児の便秘は食事や運動不足、生活習慣やストレスなど様々な要因が考えられますが、どの要因も共通して腸内環境が整わなくなるという結果につながっていきます。

 

トイレに座る幼児

また子供の腸内環境は、胎児のときに無菌状態だったのが、出産時に母親の子宮から細菌を取り込むことで構成されていき、そのときの影響をその後も大きく受けるとも言われています。そのため遺伝ではないものの、赤ちゃんのときから便秘を繰り返す赤ちゃんが多いようです。

 

ですから、便秘になりやすい体質は便秘になりやすい腸内環境からきているということになります。

 

腸内環境が整っていない状態は、健康に良い働きをする善玉菌と言われる腸内細菌が、悪玉菌と言われる健康に害となる腸内細菌に負けている状態です。

 

善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌といった菌類ですが、これらが十分に働いていないと、乳酸や酢酸といった腸の働きをよくする物質が生成されないために、腸の働きは鈍くなって便秘につながっていくのです。

 

またウェルシュ菌や大腸菌といった悪玉菌は、腸内のタンパク質を腐敗発酵させて、有害なガスを発生させ、ますます悪玉菌が増殖する環境をつくっていきます。

 

悪玉菌が多いと善玉菌は十分に働けませんから、幼児の便秘を根本的に改善していくために大切なことは腸内環境を整えてあげて、善玉菌がしっかりと働ける状況をつくってあげるということなのです。

 

成功報告が続々!今話題の幼児便秘の解消法はこちら