足腰を動かす運動で腸に刺激を

まだ赤ちゃんの頃は排便も反射的に行いますが、幼児期になると腹筋や腸の筋肉などが排便にかかわってきます。

 

体操する幼児

普段体を動かすことが少ない幼児は、筋力が弱いために便を送り出す力が十分でない場合があるようです。このような便秘は大人では弛緩性便秘と呼ばれます。

 

排便力をつける点でも体を動かす機会を増やす必要があります。

 

自転車こぎのように足腰を動かすような運動は腸の刺激にもなってよい解消法です。

 

しかし、特別にきまった運動をする必要は無く、外を思いっきり走り回って遊ぶだけでも十分な運動になるでしょう。

 

家できる運動として親子でできるストレッチも便秘解消法としてお勧めです。

 

子供を仰向けに寝かせて、親が両足を持ってあげてゆっくり左右にねじってみたり、同じように寝転んだ体勢で足を持ってひざの曲げ伸ばしをするなどの体操は効きそうです。

 

その場で行う屈伸運動も効果があります。

 

また腸を外部から刺激する便秘解消法としては、お腹のマッサージも効果的です。

 

手の平でおへそを中心にして円を描くようにして、あるいは「の」の字を書くようにしてやさしくなでます。

 

腸管を便が通っていく方向に沿って、マッサージする側から見て時計回りに手を動かすのがポイントです。

 

成功報告が続々!今話題の幼児便秘の解消法はこちら